ホーム>スタッフブログ>未病ペットケア

未病ペットケア

ご案内「FPCペット保険のプレゼント保険」

新たにトイプードルを迎えていただいた時に

当犬舎からプレゼントさせていただいているペット保険が

FPCペット保険です。

当犬舎で取り扱っているペット保険は厳選した2社。

FPCペット保険とアイペット保険です。

それぞれ特徴があり、お客様のご要望に沿ったご提案ができます。

 

2017616104534.JPG

 

今回はFPCペット保険のご案内です。

FPCペット保険は少額短期保険になります。

以前、共済制度がありましたが、保険業法の改正で全ての共済保険は

株式会社になり少額短期保険という種類になりました。

この段階で体力のない会社は淘汰されたと言ってもいいでしょう。

2017616111654.JPG

 

FPCペット保険は少額短期保険の中でも特にお客様の満足度の高い保険です。

特徴としては、

保険料が0歳から4歳(5歳未満)までは一律1590円/月で他社の様に毎年上がらないという点。

以後、8歳(9歳未満)までは2390円/月 9歳以降も終身で継続が可能です。

保険で填補されるのは50%。治療費の半分が保険でカバーされることになります。

全国どこの獣医でも対応しています。

その際、一旦治療費の全額をお支払いただき、後日領収証を郵送で保険金の請求をします。

この点が多少手間ではありますが、多くのトイプードルは頻繁に獣医に通うということも

ないと思いますので、それほど問題にはならないでしょう。

トイプードルで怖いのは、骨折です。

内臓の疾患よりも骨折や膝蓋骨(後ろ足の膝)の手術の方がよく聞きます。

当犬舎のトイプードルはワクチンを摂取する段階で、健康診断を受けて

お膝もチェックしてもらっていますので膝蓋骨の手術の心配はいりません。

購入時に健康診断書でご確認ください。

骨折は、意外と多く10万から20万は治療費がかかりますし、

完治まで1−2ヶ月はかかりますので注意してください。

 

補償内容に関しては他社保険と見劣りするところはありません。

それぞれに特徴がありますので、ご加入時は比較してご説明いたします。

 

このFPCペット保険に限ってですが、

トイプードルをお迎えいただくその日から60日間の保険料を

当犬舎がお支払してプレゼントさせていただくサービスをさせていただいております。

トイプードルをお迎えいただく当日から30日間はかかった治療費の100%補償。

30日から60日までは治療費の50%を補償。

それ以降はお客様が契約者となり継続していただき、治療費の50%が補償されます。

保険は毎年更新になりますので、更新2ヶ月ほど前に届く更新案内のお葉書により、

解約も可能です。

何もしなければ自動継続になりますので、途中で補償が切れていた、、という心配もありません。

 

当犬舎で93%のお客様が子犬購入時にペット保険に加入されています。

保険を利用する(獣医に行く)のは犬を迎えて1ヶ月の間が一番多く、

ちょうど今も獣医さんに来ていますと電話がありました。

内容は、初トリミングでトリミング台から落ちて、骨折の可能性があるとのことです。

怪我や骨折は自分のミスで起こるとは限りません。

事故がないのが一番ですが、もしもの時に精神的にもお財布的にも支えてくれる

ペット保険に加入しているのは安心ですね。

 

 

 

 

トイプードル「歯磨きが嫌いな子」にしない方法!

201752716948.JPG

歯磨きの大切さを前回お伝えしました。

「歯磨きの大切さはわかったけど、うちの子歯磨き大嫌いなの」

という方もいらっしゃると思います。

そこで、歯磨きを嫌がらない、、

いいえ、歯磨きが好きな子にするためにどうしたらいいのかを

お伝えしたいと思います。

 

 

歯磨きをしようと思ったら当然口を触られるわけですが、

犬にとって口(マズル)は最大の武器でもあります。

噛み付いて攻撃するためのものですから、そこを

押さえつけられて歯を磨かれるなんで、、、

「なんでお前にされないといけないの!?」という子も

いるのではないでしょうか。

ラッキーファミリーの子は小さいうちから口の周りや、敏感な足の裏、

尻尾、耳などを触っています。

人に触られることにある程度は慣れているのですが、

それが全く知らない人や、信頼していない人に触られるとなると

嫌がるのは当たり前です。

ですから、お口を触らせない子の場合は、

まず体を触ったり、無理強いをしない程度にブラッシングをしたり

して、信頼関係を築き上げましょう。

どこを触っても嫌がらないようになったら、マズル周りを手で触って

行きます。

歯を指で触らせてくれるようになったら、歯茎マッサージです。

指でこするのを嫌がるようなら、唇の上からマッサージしてもいいです。

慣れてきたら歯磨きシートや指サックを使って歯をこすって

ヌメリ、歯垢 プラークをふき取るようにします。

それができるようになったら、やっと歯ブラシの出番です。

ゆっくりと時間をかけてステップアップしていってください。

歯ブラシにつける犬用の歯磨きのジェルも色々と販売されています。

選ぶときはオーガニックで体に負担の少ないものを選びましょう。

犬の好きな味付けをしているものが多いです。

次回は、それでもうちの子はダメ!歯磨きさせてくれない!という

方のための最終手段をお伝えします。

 

トイプードルの歯磨きは毎日するのが理想的!

「トイプードルの歯磨きはしたほうがいいのでしょうか?」

「トイプードルの歯磨きは何日おきくらいがいいでしょう?」

 

こんな質問をよくいただきます。

「できれば毎日ですが、2−3日に1回はしてあげてください」

とお答えしております。

2017526143116.jpg

それには理由があります。

犬の場合、歯垢(しこう)は3日から5日で歯石になってしまうからです。

人間の場合は約20日かかるのですが、犬の場合は人間の7倍も早いのです。

一旦、歯石になってしまうとお家で取るのはかなり難しくて、

獣医さんで取ってもらうしかなくなります。

その場合は、全身麻酔になりますから愛犬の負担になります。

ですから、歯石になる前に歯垢を落とすように、

毎日歯磨きをしてあげるのがいいのです。

 

歯磨きには色々な方法があります。

*オーラルケア用のガムを与える方法。

*歯磨きシートを使う方法

*歯磨き用の指サックを使う方法

*歯ブラシを使う方法

2017526143141.jpg

犬の月齢、年齢によって違いますが、

一番いいのは歯ブラシを使う方法です。

歯ブラシだと歯と歯茎の間の境目にも届きます。

(ここに一番歯垢がたまりやすいのです)

隅々まで磨くのには歯ブラシが最適です。

犬のお口の大きさによって歯ブラシの大きさも変えてあげてください。

 

人間でも健康寿命(健康で長生き)とよく言われます。

死ぬまで寝込むことなくコロリと逝く。

ピンピンコロリは犬でも同じです。

お口のケアをしっかりしている子は健康で長生きしてくれます。

心不全や肺不全は、最後に心臓や肺が機能しなくなったということを

さしていますが、口の中で繁殖したばい菌が誤嚥で肺に入ったりして

肺炎になり、、肺不全になるケースが多いようです。

実は歯垢(プラーク)の1mgには1億個以上の細菌がいると言われて

います。

2017526145738.JPG

人の数値ですが、毎日しっかりと歯を磨いている人でも口の中には

1000〜2000億、ほとんど磨かない人は1兆個もの細菌が

住み着いていると言われています。

恐ろしい数です。

犬の場合も同じようなものだと思います。

この歯垢(プラーク)をコントロールすることが健康長寿に

かなり影響してきます。

歯を毎日磨くことはとても大切なことなのです。

 

が、歯を磨かしてくれるわんちゃんはいいですが、

嫌がる子は大変ですね。

歯磨き嫌いの子にはどうしたらいいか、、、

そのことを次回ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

トイプードル・未病ペットケア・メンター

二日連続の勉強です。

本日は「未病ペットケア」の勉強をして来ました。

「未病」とは病気でもないけれども、健康でもない状態のことを言います。

そして放っておけば未病は病気の方向に向かって進んでいきます。

そうならないように、未病の段階でいち早く対処し改善をしていくように

ペットの成長・健康をトータルに支援していく者を

「未病ペットケアメンター」と言います。

 

ストレスや環境の汚染、食品添加物の摂取などの様々な要因によって病気は起こります。

わんちゃんは、環境も選べませんし、食べるご飯も自分では選ぶことはできません。

ワクチン接種も運動も飼い主さんに依存しています。

飼い主さんが愛犬にとって良かれと思ってやっていることが

実は愛犬の寿命を縮めているかもしれません。

ちゃんとした正しい知識を持っていれば間違いをすることはないと思いますので、

正しい知識を身につけ、改善に役立つ製品の知識も身につけてアドバイスが

できるようになれば良いなと思っています。

 

2017525213024.JPG

トイプードルマウスケアメンターに認定

 

トイプードル マウスケアメンターとして認定いただきました。

トイプードルだけではなくて、犬は全て一緒。

猫もマウスケアに関してはさほど相違はありません。

2017524164825.jpg

少子高齢化や消費の停滞を受けて、近年犬の販売頭数は減少しています。

増えているのは、高齢のワンちゃんと飼い主さん。

そして、高齢犬の8割は何らかのお口トラブルを持っていると言われています。

一口にお口のトラブルといってもいろいろありますが、特に多いのは歯周病です。

20175251658.JPG

その次が破折、咬耗といって、歯が折れたり、すり減ったりする子。

そして乳歯が抜けきらずに残っている、乳歯遺残なのだそうです。

特に、歯周病は万病の元になり、命にも関わりますのでその予防と対処法を勉強して来ました。

もともと犬はムシ歯になりにくくほとんどムシ歯はありません。

その理由は犬の口の中はpH8.5〜9.0のアルカリ性でムシ歯菌が繁殖しにくいのです。

逆に人間はpH6,5〜7,0の弱酸性で虫歯菌にとっては繁殖しやすい環境なのです。

もし、犬がムシ歯になっていたら、人間がキスや食べ物を咀嚼してから

犬に与えるなどして、人間の唾液が犬の口に入ったことに因ります。

犬に自分の口に一度入れたものを与えるのは、虫歯を作ることと一緒と考えた方がいいでしょう。

このように、犬はムシ歯になりにくいですが、歯周病にはなりやすいです。

歯周病は犬の歯の表面や歯肉ポケットに歯垢や歯石が付着して細菌が繁殖、歯肉に炎症が起こることから始まります。

放っておくと歯だけでなくて顎の骨までが溶けてしまいます。

このような状態になると細菌が大量に発生し、毛細血管から心臓や肺に到達して、

心不全や肺不全を引き起こし命を脅かすことになります。

そうならないように、未病のうちに対応をすることが大切です。

犬の場合、歯垢は3日感、72時間で歯石になってしまいます。

人間の場合は3週間ですからいかに早く歯石になるかわかりますね。

歯磨きをするなら2日に一度はした方がいいでしょう。

ぜひ、しっかりとしたマウスケアをしてあげてください。

ですが、周りの声を聞くと歯磨きが好きなわんちゃんは少ないようです。

嫌がる犬に歯磨きをする飼い主さんもストレス。される犬もストレス。

これでは悪循環ですね。

そこで、飼い主さんもわんちゃんもストレスゼロのマウスケア商品を見つけて来ました。

これは、あっ!と驚くとっても簡単な方法で、愛犬のマウスケアができちゃうものです。

ほほ、どの子もなんの抵抗もなく受け入れてくれるはずです。

その内容は次回にご紹介しますのでお楽しみに!

 

トイプードルのマウスケアのセミナーに来ています

 

トイプードルのマウスケアのセミナーに来ています。

2017524115350.JPG


プードルも人間が歯磨きをしてあげないと 歯石が付き黄色く変色して来ます。


放っておくと歯槽膿漏になり、 ひどい時は顎の骨が溶けてくることもあります。

もちろん、口臭もひどくなるので、せっかくパートナーが愛情表現でお顔を舐めに来てくれても拒絶したくなります。

それは肉体的にも感情的にもかわいそうなので、 日頃からお口のケアはしっかりしておきたいところです。

子犬の頃から歯磨きの習慣をつけることができた子はいいですが、そうでなければ嫌がる犬を捕まえて歯磨きをするのもお互いに負担です。

そこで、今日のセミナーは「犬も人もストレスのない」口腔ケアと言う内容になると予想しています。

また、詳しい内容はご報告しますね。

ページ上部へ