ホーム>スタッフブログ>健康=犬好

健康=犬好

ラッキーファミリーにシャンプーマシーンを導入しました!

アワアワのお風呂

シャンプーマシーンを導入しました。

炭酸泉と同じメーカー「プラック」さんの機械です。

写真のラックの一番上がシャンプーマシーンです。

真ん中の段がシャンプーマシーンに繋いで水道の圧力を一定に保つ「加圧機」になります。

シャンプーと水道の水(お湯)が混ざった泡がシャワーヘッドから出てきます。

それをトイプードルの体に掛けるだけで、ゴシゴシと擦らないから犬の肌にとても優しいです。

汚れも綺麗に取れてふわふわになりますよ。

そして、時間が短縮されることはワンちゃんの負担も減るということです。

いいことだらけのシャンプーマシーンのお話でした。

シャンプーマシーンを導入しました!

 

トイプードル・未病ペットケア・メンター

二日連続の勉強です。

本日は「未病ペットケア」の勉強をして来ました。

「未病」とは病気でもないけれども、健康でもない状態のことを言います。

そして放っておけば未病は病気の方向に向かって進んでいきます。

そうならないように、未病の段階でいち早く対処し改善をしていくように

ペットの成長・健康をトータルに支援していく者を

「未病ペットケアメンター」と言います。

 

ストレスや環境の汚染、食品添加物の摂取などの様々な要因によって病気は起こります。

わんちゃんは、環境も選べませんし、食べるご飯も自分では選ぶことはできません。

ワクチン接種も運動も飼い主さんに依存しています。

飼い主さんが愛犬にとって良かれと思ってやっていることが

実は愛犬の寿命を縮めているかもしれません。

ちゃんとした正しい知識を持っていれば間違いをすることはないと思いますので、

正しい知識を身につけ、改善に役立つ製品の知識も身につけてアドバイスが

できるようになれば良いなと思っています。

 

2017525213024.JPG

トイプードルマウスケアメンターに認定

 

トイプードル マウスケアメンターとして認定いただきました。

トイプードルだけではなくて、犬は全て一緒。

猫もマウスケアに関してはさほど相違はありません。

2017524164825.jpg

少子高齢化や消費の停滞を受けて、近年犬の販売頭数は減少しています。

増えているのは、高齢のワンちゃんと飼い主さん。

そして、高齢犬の8割は何らかのお口トラブルを持っていると言われています。

一口にお口のトラブルといってもいろいろありますが、特に多いのは歯周病です。

20175251658.JPG

その次が破折、咬耗といって、歯が折れたり、すり減ったりする子。

そして乳歯が抜けきらずに残っている、乳歯遺残なのだそうです。

特に、歯周病は万病の元になり、命にも関わりますのでその予防と対処法を勉強して来ました。

もともと犬はムシ歯になりにくくほとんどムシ歯はありません。

その理由は犬の口の中はpH8.5〜9.0のアルカリ性でムシ歯菌が繁殖しにくいのです。

逆に人間はpH6,5〜7,0の弱酸性で虫歯菌にとっては繁殖しやすい環境なのです。

もし、犬がムシ歯になっていたら、人間がキスや食べ物を咀嚼してから

犬に与えるなどして、人間の唾液が犬の口に入ったことに因ります。

犬に自分の口に一度入れたものを与えるのは、虫歯を作ることと一緒と考えた方がいいでしょう。

このように、犬はムシ歯になりにくいですが、歯周病にはなりやすいです。

歯周病は犬の歯の表面や歯肉ポケットに歯垢や歯石が付着して細菌が繁殖、歯肉に炎症が起こることから始まります。

放っておくと歯だけでなくて顎の骨までが溶けてしまいます。

このような状態になると細菌が大量に発生し、毛細血管から心臓や肺に到達して、

心不全や肺不全を引き起こし命を脅かすことになります。

そうならないように、未病のうちに対応をすることが大切です。

犬の場合、歯垢は3日感、72時間で歯石になってしまいます。

人間の場合は3週間ですからいかに早く歯石になるかわかりますね。

歯磨きをするなら2日に一度はした方がいいでしょう。

ぜひ、しっかりとしたマウスケアをしてあげてください。

ですが、周りの声を聞くと歯磨きが好きなわんちゃんは少ないようです。

嫌がる犬に歯磨きをする飼い主さんもストレス。される犬もストレス。

これでは悪循環ですね。

そこで、飼い主さんもわんちゃんもストレスゼロのマウスケア商品を見つけて来ました。

これは、あっ!と驚くとっても簡単な方法で、愛犬のマウスケアができちゃうものです。

ほほ、どの子もなんの抵抗もなく受け入れてくれるはずです。

その内容は次回にご紹介しますのでお楽しみに!

 

トイプードルのマウスケアのセミナーに来ています

 

トイプードルのマウスケアのセミナーに来ています。

2017524115350.JPG


プードルも人間が歯磨きをしてあげないと 歯石が付き黄色く変色して来ます。


放っておくと歯槽膿漏になり、 ひどい時は顎の骨が溶けてくることもあります。

もちろん、口臭もひどくなるので、せっかくパートナーが愛情表現でお顔を舐めに来てくれても拒絶したくなります。

それは肉体的にも感情的にもかわいそうなので、 日頃からお口のケアはしっかりしておきたいところです。

子犬の頃から歯磨きの習慣をつけることができた子はいいですが、そうでなければ嫌がる犬を捕まえて歯磨きをするのもお互いに負担です。

そこで、今日のセミナーは「犬も人もストレスのない」口腔ケアと言う内容になると予想しています。

また、詳しい内容はご報告しますね。

トイプードルにも時々症状がある「ヘルニア」って?!

トイプードルにもヘルニアの子がいます。

ヘルニアといえば足の短いダックスフントを思い出しますが、

最近はドアーフタイプのトイプードルが人気だからか、

ヘルニアのプードルもいるみたいです。

背中や腰のあたりを触ると痛がる時は、動きたがらない時はヘルニアを

疑ってみることも大事です。

 

<犬のヘルニアについて。>

腹腔内の臓器・組織が「脱出」するヘルニアに要注意。

ヘルニアとは、臓器(組織)の一部またはすべてが、体内にある裂け目やすき間から脱出する状態をいい、それによって正常な側の臓器や組織が圧迫を受けて機能障害を起こしたり、体の外に脱出してしまう病気です。

ヘルニアは一般に「脱腸」といわれますが、脱け出るものは腸だけではなく、脂肪や膀胱、胃、膵臓、肝臓など、種類によってさまざまです。

ヘルニアには、生まれつき体内に裂け目やすき間があって起こる先天性のものと、外傷や激しい運動などで体内の裂け目やすき間が広がって起こる後天性のものがあります。

代表的な犬のヘルニアとその症状
そけいヘルニア
鼠径ヘルニア
足の付け根(そけい部)のすき間が広がって、そけい(鼠径)の皮下にお腹の臓器が飛び出すヘルニア。膀胱が飛び出る場合には排尿障害が現れ、腸が飛び出る場合には腸閉塞を引き起こす。
臍ヘルニア
さいヘルニア
「さい(臍)=へそ」の穴から内臓が飛び出した状態、いわゆる「出べそ」のこと。お腹に強い圧力が加わり、へその穴のすき間が広がることが原因で発生する。ひどい場合には手術が必要となる。
   
食道裂孔ヘルニア 横隔膜にある食道裂孔という穴が生まれつき広い場合に、その「すきま」から胃が胸腔内に飛び出すヘルニア。
椎間板ヘルニア 激しい運動や老化などで椎間板に変性が生じて、髄核とよばれる物質が脊椎のクッションとなる脊髄(神経)を圧迫するヘルニア。足を引きずる、階段の上り下りを嫌がるなどの様子がみられ、放置すると、神経が麻痺して半身不随を起こす。

ちなみに、「犬のヘルニア」といえば椎間板ヘルニアを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、脱腸を起こす病気ではない椎間板ヘルニアは、ほかのヘルニアとは異なる病気です。

髄核と呼ばれる物質が本来ある場所から飛び出して背骨の神経や脊髄を刺激、痛みを引き起こす様が「脱腸」と似ているため、「ヘルニア」という名前が付いています。

 

今日は椎間板ヘルニアについて・・・

【症状】痛みや神経麻痺による運動失調。排便・排尿困難も

 

椎間板ヘルニアの症状は、発症部位と進行状態によって様々です。頸部(けいぶ:首のこと)の椎間板ヘルニアでは、頸部の疼痛(とうつう:鋭いまたはじんじんとした痛みのこと)の他、神経麻痺などによって足を引きずるといった症状が見られ、重症になると、自力で立ち上がれなくなり、四肢が完全に麻痺して半身不随や、さらには排便・排尿の困難なども見られることがあります。胸や腰部の椎間板ヘルニアでは、腰から背にかけての疼痛により、背中を触ると痛がったり嫌がったりするようになります。また、後ろ足の麻痺などが起こり、排便・排尿の困難なども見られることがあります。

【原因】激しい運動や骨の老化による椎間板の損傷が原因

 

椎間板ヘルニアは、激しい運動(全力疾走や段差の上り下り、跳んだり体をねじったりなど)や肥満、骨の老化などで、頭部や胴体の重みを支える脊椎の、特にクッションの役割をする椎間板への負担が大きくなり損傷することによって起こります。椎間板が損傷すると、椎間板内部の髄核(ずいかく:ゲル状の物質のこと)が飛び出して脊髄や脊髄からでる神経を圧迫するようになり、これが麻痺や痛みの原因となります。
椎間板ヘルニアは、ミニチュア・ダックスなどのダックス系やペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルといった軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種に多く見られ、これらの犬種では若齢期(2~7歳頃)から発症する傾向にあります。この他の犬種では、加齢にともない多く見られるようになります。

【治療】症状が軽い場合は内科的治療。重症の場合は外科的治療を

 

椎間板ヘルニアの症状がまだ軽いうちであれば、薬剤で患部の痛みを抑える内科的治療をおこない、ケージのなかでしばらく安静にさせて運動を控えるようにします。内科的治療後も症状があまり改善しない場合や症状が重度の場合には、外科的治療を行います。外科的治療後はリハビリを行って、神経の機能回復を図ります。リハビリにはさまざまな療法があり、犬の症状によっても異なるため、獣医師と相談しながら行うようにしましょう。

【予防】激しい運動は控え、肥満防止も重要な予防に

 

椎間板ヘルニアを発症しやすい犬種では、激しい運動はなるべく控えるようにしましょう。フローリングの床であればカーペットなどを敷き、段差をあまり昇り降りさせないようにするなど、なるべく脊椎に負担をかけないようにすることも大切です。また、食事管理を徹底し、肥満防止に努めることも大切な予防です。

 

 

うちのごんちゃん14歳♂は椎間板ヘルニアで最近は

寝ながら震えていることが多くあります。

獣医さんに聞いたところ痛みが酷いと震えて動くことを嫌がるそうです。

鎮痛剤を処方してもらったので飲ませると薬が効いたのが震えは止まり

動くのも楽そうです。でも痛みを一時的に抑えているだけなので薬が切れると

また痛みは出ます。昔のように走ったりボールを追いかけたりして遊ぶことも

なくなり、今はベッドで寝ていることが増えました。

でも・・・まだまだ長生きしてもらわないと!!!

 

前回紹介させて頂いたご<K9 Natural> 

と合わせてあげているサプリメントがあるので

紹介します!!

 

  ウムーブマックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムーブマックスはⅠ、Ⅱ、Ⅲの順に有用成分が豊富に機能性が高くなります。ライフステージや状態ごとに製品選択、対応が可能です。また、遺伝的に特徴のある犬種には若年から予防にⅠを、状態の変化に応じてⅡ、Ⅲへと変えてご利用いただけます。

使用方法〈Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ共通〉
下記の量を目安に食事と一緒にあるいは食事後に与えてください。
※維持期は下記の半量を与えてください。
導入期(4-6週目まで)■小型種(15kg以下):2粒/日■中型種(15-30kg):4粒/日■中大型種(30-50kg):8粒/日■大型種(50kg以上):10粒/日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MoveMax1 Basic Support

どなたにもお使いいただけるベーシックフォーミュラ

MoveMax1
内容量 96g(800mg×120粒)
原材料名(1粒中)
緑イ貝 155mg
塩酸グルコサミン 150mg
メチルスルホニルメタン(MSM) 75mg
マイタケ抽出物(18%グリスリン含有) 50mg
ビーフフレーバー

MoveMax2 Moderate Support

幅広い対応に使いやすいシンプルフォーミュラ

MoveMax2
内容量 132g(1,100mg×120粒)
原材料名(1粒中)
緑イ貝 175mg
塩酸グルコサミン 200mg
メチルスルホニルメタン(MSM) 125mg
マイタケ抽出物(18%グリスリン含有) 62.5mg
シロキクラゲ、カルシウム、マンガン、ビーフフレーバー

MoveMax3 Maximum Support

理想の組み合わせを実現したフォーミュラ

MoveMax3
内容量 180g(1,500mg×120粒)
原材料名(1粒中)
緑イ貝 175mg
塩酸グルコサミン 275mg
メチルスルホニルメタン(MSM) 250mg
マイタケ抽出物(18%グリスリン含有) 75mg
シロキクラゲ、カルシウム、マンガン、魚コラーゲン、ビタミンC、ビーフ フレーバー

 

ラッキーファミリーでは <ムーブマックスI>をあげています。

少しでも楽に、元気になりますように。

何歳になっても大切な家族です。毎日快適な暮らしをさせてあげたいので

次回もおすすめ商品を紹介させて頂きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K9 Natural フリーズドライ (オススメ フード)

こんにちは!

 

今日は<K9 Natural>の紹介です!

こちらの商品はラッキーファミリーのワンちゃんも大好きで毎日食べています!

 

まずは人気のラムから紹介です!

 

ラム・フィースト
ヘルシーな「ラム肉」。 カラダを温めてくれます。
脂肪を燃焼しやすくする“L-カルニチン”を多く含む「ラム肉」。
カラダを温めてくれるので、代謝などを高める効果も。

ラム本来の香りや味を、おいしく楽しめます。

2017521144042.png

 

商品特長

  • 穀物(小麦・米・トウモロコシ・大豆等)不使用
  • AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア
  • 子犬からシニア犬までオールステージ対応
  • 食材はすべて人間食用を使用

 

原材料

子羊肉(人間食用の家畜から生産される),血(子羊),グリーントライプ(子羊),卵,レバー(子羊),心臓(子羊),骨(子羊),ひまわり油,フラックスシードフレーク,昆布,腎臓(子羊),キャベツ,ブロッコリー,チャード(葉野菜),にんじん,カリフラワー,乾燥昆布,炭酸カルシウム,りんご,洋なし,ニュージーランド緑イ貝,ベータカロチン,ビタミンD,ビタミンE,プロティネイト亜鉛,プロティネイト鉄,プロティネイト銅,プロティネイトマンガン,ビタミンB1,葉酸,セレン酵母
K9ナチュラルに使われる肉は全て、ニュージーランドの肥沃な大地で放牧されて育った健康な家畜だけを使っています。これらの肉類には、成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどは一切不使用。病気で死んだ家畜や衰弱した家畜、廃棄部分(ヒヅメ、尻尾、鼻など)も一切使用していません。

 

栄養情報

製品そのままの状態(フリーズドライ状態)

粗たん白質 29.1%以上
粗脂肪 33.4%以上
粗繊維 2.6%以下
粗灰分 7.5%以下
水分 8.0%以下
オメガ3 0.5%以上
オメガ6 1.6%以上
100g中のカロリー 471.3kcal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あげかたもとっても簡単です!

まず適量をフードボウルに入れてふやかす。

そこにいつものドッグフードを混ぜてあげるだけです♫

 

201752114553.png

2017521145527.png

2017521145548.png

 

 

とっても喜んで食べてくれますよ♫

ぜひ試してみてください!

ラムの他にもビーフやチキンなどもあるのでワンちゃんの好みに合わせてあげてみてください!

 

 

 

 

我が輩は犬である。名前は、、、

2016721115655.JPG

夏目漱石の猫は名前はありませんでした。
もし、漱石が猫に名前をつけたらなんとつけたんでしょうね。
「たま」でしょうか。

犬と言えば昔からポチですね。
犬は飼い主が何を言っているのか、何をすれば飼い主が喜ぶのかを一生懸命考えています。
太古の昔から人と犬は助け合って狩猟をし、絆を深めてきました。
そういう関係は遺伝子の中に組み込まれているのでしょう。
犬はしっかりと人の声に耳を傾け、考え、反応してくれます。

一日の中で犬に話しかけることがどれだけ多いことか。
夫婦の会話も増えます。話題は我が家の愛犬ポチのこと。
笑顔も増え、笑い声も増え(シワも増えるかも)家の中が明るくなります。

私の子供は親に叱られた時、その愚痴を犬に聞いてもらっていました。
私も同じです。夫婦で言い争ったときも
「おまえ、どう思う?」と犬に話しかけています。
犬に話しかけることで、血圧が正常になったお客さんもいます。
犬を飼い始めてから半年ほどで血圧のお薬を飲まなくてもよくなったそうです。
認知症が改善した方も。
犬は文句も言わず、反論も批判も意見もせず話を聞いてくれます。
なんてありがたいんでしょうね。


201672112031.JPG

最近では子供の本読みを聞く「読解力介在犬」がいます。
人前で本を読むことが苦手な子供に寄り添って、本読みを聞いてくれるんです。
犬のぬくもりを感じ安心感に包まれて、犬に本を読んであげる子供たち。
犬はちゃんと本読みを聞いてくれます。
もちろん特別に訓練を受けた犬ですが、その安心感から子供たちは犬がすぐに大好きになり
楽しみながら本を読んで聞かせるようになります。
そうやって、犬のおかげで読解力が著しく上がってくるのだとか。

特別な訓練を受けなくても、自分が飼っている犬なら、
愛情をたっぷり注いでいる犬なら、話を聞いてくれて
「わかるよ。その気持ち」という顔をしてくれるはずです。
犬と暮らすことで心が穏やかになり、病気知らずになりますよ(^_^)v
 

犬を飼っている人は実際の年齢よりも10歳若い!?

犬と一緒に暮らすことで、精神的、肉体的にも若さを保ち健康になれる要素がたくさんあります。

今、猫の人気が高まっています。
この人気は「猫のかわいさ」もありますが、高齢化社会になってきて
「犬は散歩に行かなければいけないけれども、猫は行かなくていいからラクチン」ということもあるようです。
ところが、そのラクチンは、せっかく得られる健康を手放していることにもなるという怖ーいお話です。

犬を飼うと、当然、最低でも朝と夕方にはお散歩に行ってあげなければなりません。
一回の散歩で最低でも20分くらいは歩くでしょう。
考え方を変えればあなたのお散歩に犬がつきあってくれます。
運動不足解消になつ大きなチャンスです。

201672112420.JPG

スコットランドの大学の研究チームは調査の結果
「犬を飼っている人は、実際の年齢よりも若くいられる!」と言うことを証明しました。
547名の65歳以上の人を対象に加速度計を使って調べました。
547名の内訳は犬を飼っている人50名、飼っていない人497名、平均年齢79歳です。
結果は犬を飼っている人は飼っていない人よりも約12%も活発でした。
もし、あなたが犬を飼っていれば、あなたの運動量は犬を飼っていない10歳若い人と同じ量になると言うことです。
実際には心臓病のリスクも低くなり、骨や筋肉の問題も少なくなるようです。
血圧やコレステロール値も低く、病院に行く頻度も少ないと判明しました。

精神的にもより社交的になり、人間関係もうまくいくとのことです。
実際、散歩をすれば犬友達もできますし、会話の量も増えます。
犬を見ていると癒やされますし、撫でることで幸せホルモンのセロトニンの分泌も多くなります。
記憶ややる気に関わるドーパミンの分泌も多くなると指摘しています。

(http://www.dogactually.net/より)

20167211278.JPG


海外の調査結果ですので、日本でそのまま同じ結果とはいえませんが、
犬が好きで犬と一緒に生活をしている人は、
犬を飼っていない人よりも知らず知らずに健康的な生活になっているといえるのではないでしょうか。
私はたくさんの犬と生活しています。
そのせいか、実際の年齢よりも10歳ほど若く見られます。
さあ、一緒にわんこをつれて散歩に出かけましょう(^_^
 

ページ上部へ