ホーム>スタッフブログ>未病ペットケア>犬の熱中症対策についてお話ししています
未病ペットケア

緊急対策!パートナーが熱中症にならないために!

犬の熱中症対策ポスター.jpeg

 

犬・猫の熱中症対策の簡単なご説明です。

ラッキーファミリー も加入している「日本ペットサロン協会」からの資料を使って簡単にご説明。

これからの季節、ワンちゃんにとってはとても厳しい季節になります。

うちのキャサリン(スタンダードプードル)はだいたい夏が過ぎたら体調を崩します。

夏場の疲れが出るのかなと思っていますが、冬と比べて夏の方が負担が大きいので 特に注意が必要です。

犬は肉球周りに汗腺があるだけなので汗をかいて体温を下げることができません。

なので口呼吸でハアハアして少しでも気化熱で体温を下げようとするのですが効果は期待できません。

お部屋の温度調整をしっかりしてあげてください。

お散歩も要注意です。 夏場はアスファルトや地面がとても暑くなっています。

足も暑くてたまらないと思いますが、 犬は四足歩行ですから心臓の位置が暑い地面から近いところにあります。

日中の長時間のお散歩はとても負担になりますので、早朝と暗くなった夜でもいいです、 涼しい時間帯に行ってあげてください。

車の中にワンちゃんを残してお買い物、、も気をつけてください。

熱中症にならないように最善の注意をしていただくとともに、 もし、熱中症が疑わしい、、元気がないという時はすぐに対処をしてください。

まずは獣医さんに電話、状態を伝えて応急処置をしつつ、獣医さんに急いで行ってください。

頭を覗いて体に常温の水をかけてあげて、扇風機やうちわであおぐ、

脇、首、内股の太い血管が通っている部位をアイスノンなどで冷やしてあげてください。

この時にお腹と頭は冷やさないように注意してください。

予防が一番。

人間のお年寄りが部屋の中で熱中症になるように、ワンちゃんもお家の中でも熱中症になりますから気をつけてくださいね!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.poodle110.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/173

ページ上部へ